読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hattori Kohei Blog

イラストレーター服部幸平のブログ

激混み!『若冲展』

凄まじい行列がニュースにもなった『若冲展』。
何とか最終日の夕方に行けました。

待ち時間はまさかの「60分」。
300分とかに比べればはるかにマシだったのですけど、しかし館内は覚悟していましたが
多くの人でごった返しており、とても落ち着いて絵を見るなんて無理。

もっとも観たかった『動植綵絵』の会場内では

「最前列のお客様は絵のまえに立ち止まらないでくださぁ〜い

・・と館内で延々アナウンスする職員の女性たちの姿が。

絵を立ち止まって観るな、って初めて言われましたよぉ。

昨年末から楽しみにし、事前にチケットも購入していたので無駄にならずに済んだけど、
間違いなく今までで一番激混みの展覧会でした。

f:id:hattori_kohei:20160530221523j:plain

正直「絵を見る」という雰囲気ではありませんでしたね・・。
残念。

---------

で、個人的な印象ですが、僕は若冲の『動植綵絵』の本物を見て、

「あぁ〜、本物だっ!」

という感動や感慨が起きませんでした。
自分でもこの感覚は不思議でしたね。
程度の差はあれ、本物を見られた感動はいつもあるのですけど・・。
(E・ホッパーのときは強く感じました)

なぜなんだろう?

今までさんざん本、テレビで微に入り細に入り眺めてきたことと、
また、本物の色彩や感じが、テレビで見ていたモノと大きな差が無かったからかもしれません。

まあ、会場があんなのだったのもあるのかな。